2013年01年23日 最終更新

ヨークシャー・テリア

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリアは、1800年代中頃にイギリスのヨークシャー地方の工業地帯で貧しい労働者の家屋を荒らしたネズミを捉える目的でウォーターサイド・テリアなどの様々なテリアを交配して作られた犬種である。

そのためか初めはあまり品の良いイメージの犬種ではなかったが、元来備えたその被毛の美しさで注目され上流階級のご婦人達に人気の犬種となる。

1800年代後期にアメリカへ渡り世界へ展開していくが、歴史の浅い犬種で血統が不安定だったので個体によってサイズ等にバラツキがあった。

その後、小型サイズに仕上げる方向で血統の安定化が図られ、チワワに次いて2番目に小さく豪華で美しい絹のような被毛から「動く宝石」と言われるほどの現在のヨーキーの姿となっていった。

被毛は地面に届くフルコートだが、手入れの問題なのかサマーカットされていることが多い。


性格は見た目とは裏腹にテリアらしくエネルギッシュ。

いつもチョロチョロ動いてあちこち探検している。

おしとやかそうに見えてもやはりテリアなので、頑固かつ大胆で用心深い性格が悪い方に転ばないようにしっかり躾をしたい。

犬種データ

犬種名
ヨークシャー・テリア
FCIグループ
第3グループ(テリア)
原産国
イギリス
サイズ
体高:20~25cm
体重:2~3kg
毛質
地面まで届くフルコート
毛色
ダーク・スチール・ブルー(子犬期はブラック・タン)
寿命
14~16歳
注意する病気
膝蓋骨脱臼、気管虚脱、低血糖症
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る