2013年01年23日 最終更新

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 撮影者:sannse様

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは英国ウェールズのペンブロークシャー地方で牧畜犬として活躍していた犬種である。

ウェルシュ・コーギーにはペンブロークシャー地方の「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」とカーディガンシャー地方の「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の2種類がおり両者ともよく似ているが、もともとの起源はそれぞれ異なり、ペンブロークの方が小柄である。

上流階級の人々に寵愛された愛玩犬達がドッグショーで外見を競っている間にも、草っぱらでひたすら牛を追いかけていた勤労意欲に満ち満ちた犬種である。

そんな庶民派で勤勉なところが買われたのかエリザベス女王(エリザベス二世)に愛され、今では英国王室の犬として知名度も上がって人気の犬種となった。


性格は、賢く活発で社交的、そして何より仕事好き。

毎日何かしらのタスクを与えて精神的にも肉体的にも充実させてあげないと可哀想な程。

人間のパートナーとしての歴史の長い犬なので主従の関係が確立されている場合は素晴らしい伴侶となるが、そうでない場合は牧畜犬の特性が悪い方へ転び、警戒心が強く大きな声でよく吠える噛み癖のある問題犬になる。

しかしながら、よくよく考えてみれば、「警戒心を抱き、大きな声で吠え、必要な時は噛む」のは牧畜犬としては本来誉められるべきものである。

そうなってしまってから「はぁ、なんでこんな問題犬になってしまったのだろう・・・」と嘆く暇があるのなら、コーギーが「必要以上に警戒心を抱かなくてもよいように、吠える必要のないように、噛まなくても何の問題もないように」人間がしっかりリーダーシップを発揮して安心して過ごせる環境を与えてあげたい。

犬種データ

犬種名
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
FCIグループ
第1グループ(牧羊犬・牧畜犬)
原産国
イギリス
サイズ
体高:25~30cm
体重:9~12kg
毛質
ダブルコート
毛色
レッド、セーブル、フォーン、ブラック・タン
寿命
12~14歳
注意する病気
肥満、椎間板ヘルニア、皮膚疾患、視覚障害、てんかん
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る