2013年01年23日 最終更新

ペキニーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ペキニーズ 撮影者:Lilly M様

ペキニーズは、ヨーロッパの小型のスパニエルがシルクロードなどの交易ルートを辿っていく過程でチベットなどを経由し、ラサ・アプソなどと交雑されながら中国に入っていったものと思われる。

中国では歴代王朝の宮廷内にある寺院などで宗教的役割を担うために飼育された文字通りの“門外不出”の犬であった。

ペキニーズを傷付けた者は死罪になるほど神聖な犬として愛育され、寵愛を受けた皇帝が死んだ場合に王墓に柩を先導するという大役も担っていた。

1860年に第二次アヘン戦争でイギリス軍が北京の宮廷を制圧した際に生き残っていた5匹のペキニーズをイギリスへ連れ帰り、その後ヨーロッパ各地へ広まり短吻犬種ブームのきっかけともなる。

シーズーやパグはペキニーズと他犬種の異種交配で作出された犬種であり、ペキニーズがいなければそれらの犬種は無かったといって過言ではない。

ちなみにペキニーズという言葉は北京に由来する。


性格は、猫。

その歴史が示す通り、王族のごとく毅然かつ堂々としており、物怖じせず勇敢、そして頑固でマイペース。

独立心も強く感情をあまり見せず、見知らぬものに対してはそっけないので犬というよりは猫のよう。

家族に対してはリラックスして愛情深い面を見せるが、抱かれることは好まず、また、独占欲や縄張り意識も強いので一筋縄ではいかない。

やはり猫か。

運動量が少なく活動レベルが低いので都会の広くないマンションなどでも十分に飼える。

犬種データ

犬種名
ペキニーズ
FCIグループ
第9グループ(愛玩犬)
原産国
中国
サイズ
体高:15~23cm
体重:4~6kg
毛質
豊かで長いダブルコート
毛色
ホワイト、フォーン、ブラック、他
寿命
13~15歳
注意する病気
心臓疾患、皮膚疾患、眼疾患、鼻疾患
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る