2013年01年23日 最終更新

パピヨン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
パピヨン 撮影者:Gvdmoort様

パピオンはスペイン原産のスパニッシュ・ドワーフ・スパニエルが起源とされる。

1500年代以降、ヨーロッパの上流階級の貴婦人達から寵愛され、肖像画などに主人とともに描かれるパピオンの姿も散見される。

「パピオン」という犬種名は、この犬種の立ち耳と顔の形と模様が「蝶」のように見えることからフランス語で「蝶」を意味する「パピオン」という言葉がそのまま由来となっている。


この犬種名の由来となっている特徴的な立ち耳だが、起源はスパニエルなのでもともとは垂れ耳で、突然変異的に立ち耳になったものと思われる。

現在でも垂れ耳のパピオンがいるが、これは“ファレン”とか“ファレンタイプ”などと呼ばれる。

ちなみに“ファレン”とはフランス語で「蛾」の意味である。

立ち耳も垂れ耳もどちらも同一のパピオンと定義する国が多いようだが、やはり蝶と蛾では蝶の方が優遇されている感は否めない。

「蛾」とはなんともヒドい気がするが、それは人間様の都合であり本人(犬)には全く関係ないので、ある日突然自慢のパピヨンの耳が折れ曲がろうとも変わらずに可愛がってあげて欲しい。


性格は、快活で賢く従順、人懐こい。

一方、神経質でプライドが高い側面も持ち合わせているので、甘やかし過ぎてアルファ化しないように気をつけたい。

基本的にシングルコートなどで抜け毛は少ない方だが、北欧系の個体にはダブルコートのものもおり思いのほか毛が抜けることもあるので、気になる場合は血統をよく確認した上で飼い始めた方がよい。

犬種データ

犬種名
パピヨン
FCIグループ
第9グループ(愛玩犬)
原産国
フランス
サイズ
体高:20~28cm
体重:4~5kg
毛質
シングルコート
毛色
ホワイト・ブラウン、ホワイト・ブラック、トライカラー(ホワイト・ブラウン・ブラック)
寿命
12~15歳
注意する病気
皮膚疾患、聴覚障害、視覚障害
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る