2013年01年23日 最終更新

ミニチュア・シュナウザー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ミニチュア・シュナウザー 撮影者:Zorik07様

ミ二チュア・シュナウザーは、1800年代のドイツでネズミなどの小獣駆除のために牧羊犬のスタンダード・シュナウザーとミニチュア・ピンシャーなどの小型犬種を異種交配させて作出された犬種である。

仙人様のようなお髭が特徴的。

小獣狩りが得意なことや毛質や性格などからアメリカにおいてはAKC(アメリカンケネルクラブ)の分類ではテリアグループに属しており、日本においてもテリア種と認識されていることが多いが、実はテリア種の血統はまったく入っておらず、KC(イギリスケネルクラブ)やJKC(日本ケネルクラブ)などでは使役犬(実用犬・ワーキング)グループに属している。

このように“用途分類”なのか“系統分類”なのかで本家イギリスKCとアメリカAKCで意見の相違が見られるが、AKCでもスタンダード・シュナウザーはテリアグループから使役犬グループに変更されているのでミニチュア・シュナウザーが非テリア認定される日も近いのかもしれない。

まあ、人間様の勝手な分類など本人(本犬)にとってはどうでもよいことである。


性格は、好奇心が強く遊び(いたづら)好き、かつ勇敢で警戒心も強い。

テリアよりもテリアらしい。

明朗で忠実、賢くしつけもし易いので家庭犬として最適だが、甘やかすとよく吠える攻撃的な犬になるので注意。

毛が伸び過ぎるとフロアモップのようになるので、2ヵ月に1回程度のトリミングは必須である。

犬種データ

犬種名
ミニチュア・シュナウザー
FCIグループ
第2グループ(使役犬)
原産国
ドイツ
サイズ
体高:30~36cm
体重:6~8kg
毛質
荒い針金状のダブルコート
毛色
ブラック、ブラック・アンド・シルバー、ソルト・アンド・ペッパー、ホワイト
寿命
12~14歳
注意する病気
尿石症、進行性網膜萎縮症、停留睾丸、フォンウィルブランド病
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る