2013年01年23日 最終更新

ラブラドール・レトリーバー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ラブラドール・レトリーバー 撮影者:Herwig Kavallar様

ラブラドール・レトリーバーは、1500年代に北米大陸沿岸へ出漁した北欧やイギリスの漁船でカナダのラブラドル半島へ渡った犬が起源とされており、その後、対岸のニューファンドランド諸島やその一帯で様々なニューファンドランド犬と交配されながら固定化されていった犬種であると考えられる。

当時は大型のニューファンドランド犬と区別するためにスモール・ウォーター・ドッグと呼ばれていたが、1800年代にイギリスへ逆輸入された後、奇しくもカナダにおける犬所有に対する高額の税制度の開始による頭数の減少と、イギリスの検疫制度によってカナダからの以降の流入がストップしたことで、ある種のガラパゴス状態の中でイギリス土着の他のレトリーバー種との交配が行われラブラドール・レトリーバーとして確立されていった。

ラブラドール・レトリーバーはその訓練性能の高さから現在では盲導犬・警察犬・麻薬捜査犬などとしての知名度が高いが、「レトリーバー」という語が英語の“retrieve(回収する、取り戻す)”からきているとおり、本来は水鳥・魚の回収や流された漁網の牽引、さらには小型の漁船の牽引にいたるまで水中でのありとあらゆる作業をこなす漁師の優れたパートナーだった。


性格は、環境適応能力に優れ、友好的で優しく献身的、かつ主人を喜ばせることに幸せを感じるので素晴らしい家庭犬になる。

賢く聡明で訓練性能も非常に高い。

一方、そうした優れた家庭犬としてのイメージが先行して「大人しい」と思われがちだが、実際は非常に好奇心旺盛で活動的なので、しっかり躾を入れないと体躯が大きく力が非常に強いだけに“飼い主を散歩させる”ような問題犬になりかねない。

十分な運動と仕事を与え、精神的にも肉体的にも充実・安定した環境を与えてあげたい。

水が大好きなので特に夏場はたくさん水遊びをさせてあげてほしい。

犬種データ

犬種名
ラブラドール・レトリーバー
FCIグループ
第8グループ(第7グループ以外の鳥獣犬)
原産国
イギリス
サイズ
体高:54~62cm
体重:25~36kg
毛質
ダブルコート
毛色
ブラック、イエロー、レバー・チョコレート
寿命
10~14歳
注意する病気
肥満、胃捻転、心臓疾患、皮膚疾患、関節疾患
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る