2013年01年23日 最終更新

ゴールデン・レトリーバー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーは、1800年代中頃~後半にかけて、ニューファンドランドとウェイビーコーテッド・レトリーバーの間に生まれた個体にツウィード・ウォーター・スパニエルを交配させた結果生まれた4頭のメスを基本に、ウェイビーコーテッド・レトリーバー、アイリッシュ・セッター、ブラッドハウンドとの異種交配を行った結果確立された犬種であるとされる。

その目的は鳥獣狩猟の際の獲物の回収であり、ゴールデン・レトリーバーの「レトリーバー」という語は英語の“retrieve(回収する、取り戻す)”からきている。

この目的を達成するために慎重に交配された結果、今日のゴールデン・レトリーバーの主人への服従性、辛抱強さ、体力、水中での作業能力の高さは他の犬種には類を見ない。


性格は上記の通り、服従性・強調生が高く、温和で優しく辛抱強い。

愛情深く、常に主人に気に入られようと努力し、賢さに適度な好奇心が合わさって躾も入りやすいので、これほど人間の伴侶として相応しい犬種はいないといっても過言ではない。

一方、活動的で多少おっちょこちょいな面があるので、ハメを外すと体躯が大きいだけに大事になってしまうことがある。

常に家族の一員として行動することがこの犬種の喜びであり、孤独は苦手で甘えん坊。

辛抱強くM気質なのでついつい後回しにしてしまいがちだが、「活動的な大型犬」なので毎日適度な運動や仕事を与え、主人とスキンシップを行い、肉体的・精神的に健康な生活を与えてあげたい。

犬種データ

犬種名
ゴールデン・レトリーバー
FCIグループ
第8グループ(第7グループ以外の鳥獣犬)
原産国
イギリス
サイズ
体高:55~60cm
体重:25~35kg
毛質
ダブルコート
毛色
ゴールド、クリーム
寿命
11~13歳
注意する病気
股関節形成不全、皮膚疾患、視覚障害、胃捻転、てんかん
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る