2013年01年23日 最終更新

ブルドッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ブルドッグ 撮影者:jjsawrey様

ブルドッグはイギリスの代表的な犬種の1つで、1200年代~1800年代にかけてブルベイティング(牛と犬を戦わせる競技)に闘犬として用いられてきた犬種である。

短く上を向いた鼻と発達した下アゴは牛を攻撃するために、短足で重心が低い体型とたるんだ皮膚は牛からの攻撃を回避・防御するために改良されたものである。

性格も当然好戦的で獰猛なものが好まれたが、動物愛護の観点から1835年にブルベイティングが禁止されて以降、攻撃性を排除する方向で改良が進み、今ではブルベイティング時代のブルドッグとは全く別の犬に生まれ変わったといっても過言ではない。


性格は、陽気で愛情深く、子供のいたづらなどにも忍耐強い、穏やか落ち着いた犬種である。

その外見と内面のギャップは、まるで強面ながらも人情味溢れる悪役としては出来の悪いマフィアのようである。

不器用ながらも飼い主や家族を喜ばせようとする健気さがいじらしくてついつい甘やかしがちだが、気に入らないところは断固従わないような頑固な面もあるので、主従の関係をはっきりさせ、手に余る問題犬にしないように気をつけたい。

短吻種の代名詞のような犬種なので暑さには大変弱く、特に高温多湿な日本の夏はブルドッグにとってはかなりの肉体的負担なので、屋外での飼育が適さないのはもちろん、室内であっても熱中症などにならないように温度管理はしっかりと行ってあげてほしい。

顔のシワは汚れが溜まりやすく皮膚疾患や悪臭の原因にもなるので、蒸しタオルなどでこまめに拭いて清潔に保ってあげる必要がある。

犬種データ

犬種名
ブルドッグ
FCIグループ
第2グループ(使役犬)
原産国
イギリス
サイズ
体高:30~40cm
体重:20~25kg
毛質
短く硬めのシングルコート
毛色
ブリンドル、レッド、フォーン、ホワイト・ブリンドル、ホワイト・レッド、ホワイト・フォーン
寿命
8~10歳
注意する病気
皮膚疾患、眼疾患、心臓疾患、股関節形成不全、鼻腔狹窄
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る