2013年01年23日 最終更新

ビション・フリーゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ビション・フリーゼ 撮影者:Heike Andres様

ビション・フリーゼは、地中海沿岸の大型のウォータードッグにマルチーズなどの白い小型犬を掛け合わせて作出された「バービションズ(後に「ビション」と省略)」という系統の犬が起源とされる。

この「ビション」系統はさらに「ビション・マルチーズ」「テネリフェ」「ボロニーズ」「ハバニーズ」の4種に分類されるが、その内、アフリカ大陸の北西沿岸の大西洋上にあるスペイン領カナリア諸島にあるテネリフェ島にもちこまれた「テネリフェ」が現在のビション・フリーゼとほぼ同一といわれている。

1300年代に船乗りたちによりイタリアへ持ち込まれて上流階級の貴婦人達の愛玩犬として注目され、1500年代にフランスにも持ち込まれてからはさらに小型化が進み、「白い抱き犬」として香水を含む水でシャンプーされるなど1つのファッションとして上流階級の人々の間で高値で取引される人気犬種として流行した。

その後、ヨーロッパ各地での政治体制や価値観の変化などに伴って上流階級の犬から庶民レベルの犬に変化し、第一次大戦の影響などで純血種の血統が絶えそうになりながらも熱心なブリーダーなどの努力などによりなんとか維持・復元が行われてきた。

特に、第二次世界大戦後にアメリカに渡り、アメリカ人トリマーが綿帽子のような「パウダー・パフ」カットを考案して以降、再び注目を集めて世界中で人気犬種となった。

ちなみに「ビション・フリーゼ」とはいかにもフランス語らしい優雅な響きの言葉であるが、「ビション=飾る」「フリーゼ=巻き毛」という意味である。


性格は、地中海エリア出身のためか快活で陽気。

飼い主大好き、家族大好き、子供も大好き、他人も大好き、他の動物も大好きという、非常に友好的で愛嬌のある性格である。

八方美人とも言う。

賢く従順で飼いやすく、活発で遊び上手、また個体差はあれ比較的健康で長寿な犬種なので、子供の情操教育・友人・パートナーとして家に迎えるには最適である。

お手入れは見た目通り毛が絡まりやすいので、こまめに、できれば毎日でもブラッシングをし、月1でトリミングしてあげたい。

犬種データ

犬種名
ビション・フリーゼ
FCIグループ
第9グループ(愛玩犬)
原産国
フランス
サイズ
体高:24~30cm
体重:3~5kg
毛質
巻き毛のシングルコート
毛色
純白
寿命
13~16歳
注意する病気
膝蓋骨脱臼、眼疾患、てんかん、皮膚疾患、心臓疾患
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る