2013年01年23日 最終更新

ビーグル

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
ビーグル

ビーグルはブラッド・ハウンドなどの血を引くハウンド種の中では最も小さい犬種であり、1300年代よりイギリスで野ウサギ狩り用の猟犬として用いられていた。

野ウサギ狩りは馬などを使わず歩いて行われるため、人間の歩調に併せられたり必要であればカバンにも入れられるサイズのビーグルは重宝された。

嗅覚ハウンドであるビーグルは匂いでウサギを探索し、発見したら獲物を鳴きながら追跡し追いつめていくが、この吠え声というよりは鳴き声というべき美しいバリトンボイスにより「森の声楽家」という愛称を持つ。

また、多産で個体差が他犬種に比べて少ないため、実験動物として利用されることが多い可哀想な犬種である点も忘れてはいけない。


性格は、群れで狩りを行ってきたという歴史から集団でいることを好み、社交的で愛想が良い。

裏を返すと寂しがり屋で長時間の留守番には不向きということで、かつ、エネルギーレベルが高いため毎日適度な運動(散歩)が必要なので、1人暮らしや夫婦共働きの家庭にはオススメできない。

逆に、穏やかで忍耐力もあるので、子供のいる家庭など、ビーグルの好奇心や遊びへの欲求を満たしてあげられるような環境においては素晴らしい家庭犬となる。

嗅覚ハウンドということで、散歩中などに気になることがあるとクンクンとどこまでも追跡していってしまうので、「リードの手離れ→迷子」には注意するとともに、普段から呼び戻し訓練をしておく方がよい。

また、鳴いて獲物を追い詰める性質から鳴き声はかなり大きくよく通り、都会のマンションなどでは向かいのビルにまで反響して騒音になってしまうので、無駄吠え防止訓練必須である。

むしろ、本来ビーグルにとって吠えることは誉められるべきことなので、まったく吠えさせてあげられないような環境では飼わない方がよいかもしれない。

賢く独立心もあり自己判断もできる犬種なので、十分な運動と愛情で肉体的・精神的に安定させてあげた上でしっかり躾を入れれば、これほど心強いパートナーはいない。

逆に甘やかして支配的になってしまった場合は、頑固な面もあるだけに何を言っても聞く耳をもたない吠えまくる暴れん坊になってしまう。

犬種データ

犬種名
ビーグル
FCIグループ
第6グループ(嗅覚ハウンド)
原産国
イギリス
サイズ
体高:33~40cm
体重:7~13kg
毛質
ダブルコート
毛色
トライカラー、レッドアンドホワイト
寿命
12~15歳
注意する病気
肥満、椎間板ヘルニア、皮膚疾患、眼疾患、てんかん
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る