2013年01年23日 最終更新

アメリカン・コッカー・スパニエル

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
アメリカン・コッカー・スパニエル 撮影者:F.Genevey様

アメリカン・コッカー・スパニエルは、1620年にメイフラワー号で新大陸アメリカに渡ったイギリス移民が連れていたコッカー・スパニエルが起源とされている。

コッカー・スパニエルは、その名の示す通り、もともとはスペイン原産のスパニエル種であり、イギリスで山鴫(woodcock=コッカー)猟に用いられた比較的小型の犬種である。

アメリカに渡ったコッカー・スパニエルはさらに小型化が進められ、猟犬よりも愛玩犬として普及しながら現在のアメリカン・コッカー・スパニエルに至る。

1955年公開のディズニーの「わんわん物語(原題:Lady and the Tramp)」のヒロインがアメリカン・コッカー・スパニエルであり、この映画でアメリカン・コッカー・スパニエルは世界的に知られる犬種となった。


性格は、陽気で人懐こく感受性豊かで、主人や家族の表情に気を配り気立てが良い。

遊び好きで好奇心も強く、子供とも愛称が良いので、小さな子供のいる家でも良い家庭犬となる。

ただし、もとは猟犬ということで運動量も多く吠えやすい個体も多いため、毎日十分に運動をさせてあげられない環境ではストレスが溜まり問題犬になってしまう可能性もある。

賢く躾も入りやすいが、逆に言うと頼りない飼い主の場合は足元を見るような面もあるので、主従の関係をしっかり確立し、安心して過ごさせてあげられるような環境を与えたい。

犬種データ

犬種名
アメリカン・コッカー・スパニエル
FCIグループ
第8グループ(第7グループ以外の鳥獣犬)
原産国
アメリカ合衆国
サイズ
体高:35~40cm
体重:11~13kg
毛質
ストレートまたはウェーブがかったダブルコート
毛色
ブラック・バラエティー、ブラック以外の単色、パーティ・カラー・バラエティー、タン・ポイント
寿命
12~14歳
注意する病気
眼疾患、皮膚疾患、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、外耳炎
リンク
特になし

« 前の記事へ | 次の記事へ »

トップへ戻る